1/1

トランプゲームの源流第2巻 ギャンブルゲームの変遷 紙書籍

¥3,850 税込

残り1点

※この商品は、最短で7月19日(金)にお届けします(お届け先によって、最短到着日に数日追加される場合があります)。

この商品は3点までのご注文とさせていただきます。

別途送料がかかります。送料を確認する

¥16,500以上のご注文で国内送料が無料になります。

本書は第1巻に引き続きトランプゲームの初期の歴史について明らかにすることを目的とし、主に 15 世紀から 17 世紀前半にかけてのトランプゲームがどのようなルールで行われたものなのか考察する。第1巻は「トリックテイキングゲーム発達史」と題し、トランプゲームの中でもトリックテイキングゲームと呼ばれるものの歴史、とりわけ切り札とビッドの歴史を概観した。この第2巻では第1巻で触れられなかったゲーム群を取り上げることにしたい。第1巻には「トリックテイキングゲーム発達史 」という副題を付したので、それに合わせてやむを得ずこの第2巻は副題を「ギャンブルゲームの変遷」としたが、実際には本書もトリックテイキングゲームの話題が半ばを占める。つまりギャンブルゲームばかりを取り上げるわけではなく、第1巻と違って扱うトランプゲームのジャンルは特に意識していない。本書ではおおむね次の条件を満たしているゲームを取り上げる。

『おそらく 15 世紀に端を発していると考えられるもの、またはそれと深く関係しているもの』

『トランプゲームの歴史を考える上で重要だと思われるもの』

(「はじめに」より抜粋)


* * *


黒宮 公彦(くろみや きみひこ): 1971 年三重県生まれ。京都大学文学部卒。学生時代に世界各地の伝統的なカードゲームに興味を持つようになり、以来ルールについて調べている。The International Playing-Card Society会員。著書に『クク大全』(合同会社ニューゲームズオーダー)がある。

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (348)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥3,850 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      セール中の商品
        その他の商品